仕事を多く入れれば勤務医の年収を越えてくる

普通は、非正規雇用よりも正規雇用の方が年収は高くなります。しかし、医師の世界ではその限りではありません。医師の場合は、アルバイトとして働いている人のほうが勤務医として働いている人よりも年収が高くなる傾向があります。それはなぜかと言うと、単純に時給が高いからですね。勤務医の場合は年収がおよそ1500万円ほどとなります。これを労働時間で割ると、時給はそう高くはならないのです。もちろん普通の仕事に比べれば圧倒的に高いですが、アルバイト医師は時給が一万ほどになるので、これに比べれば落ちます。アルバイト医師は、毎日仕事を入れることができれば、年収は軽く三千万を越えてきます。しっかり休みを取りつつ働いても、勤務医の1500万を越えることが多いのです。

メリットは多いがデメリットも多い

自分の好きな仕事のみを請け負っていけたり、人間関係に悩まされることが少なかったり、趣味に時間を使えたりと、アルバイト医師になるメリットは豊富に用意されています。しかし同時にデメリットもたくさんあるので気を付けたいところですね。一番のデメリットは、仕事が限られてくることでしょうか。重要な手術を任されることは少なくなりますし、人の命を救える機会にもあまり恵まれません。夜勤や健康診断が主な仕事になり、医師としてレベルアップをすることが難しくなります。また、安定して仕事が得られるわけではないので、その点もデメリットでしょうか。お金は稼げますが、いつまでこの調子で働けるかなど不安は尽きません。

医師のバイトでは、時給が高めに設定されている好待遇の求人が豊富に存在するため、短時間でも効率良く稼げます。