産業医ってどんなお仕事?

産業医とは、企業で労働者の健康管理について専門的な立場で助言や指導を行う医師です。これは、医師の資格が必要なだけでなく、さらに労働衛生コンサルタント試験などに合格して、法律によって定められている条件を満たす必要があります。

労働衛生法によって、一定規模の企業では産業医の選任が義務付けられています。例えば、労働者が50人以上3000人以下のところでは1人の選定、労働者が3001人以上のところでは2人の選定が必要になります。50人未満の企業であっても、月80時間から100時間超えの残業をした労働者がいる場合には1人の選定が必要です。そして選定された産業医は、その企業で、健康診断や労働衛生についての教育などを行います。また、産業医は月1回以上、事業所を訪問して労働者の健康管理指導を行わなければなりません。

主治医と産業医ってどんなところが違うの?

労働者が例えば精神疾患になった場合、個人で病院に通って主治医を見つけて治療を行います。では、産業医はどんなことをするのだろうかという疑問が生まれます。

大きな違いとしては、産業医は医療的治療を行わないということが挙げられます。主治医は薬や精神療法などを用いて個人の治療を行います。しかし産業医は、個人への医療的治療ではなく、企業と労働者双方への助言を中心に行います。例えばメンタルヘルスの不調を訴えた労働者への対応を求められた場合、企業の労働環境や企業の方針、労働者の状態を踏まえて、労働環境の調整や労働者への具体的な対応方法などについての助言を行います。

産業医の募集は企業が行います。日常の健康相談をはじめとして事業場所の巡回や休職や復職の面談などを行います。