歯科衛生士は何をする人?

歯科衛生士は、予防処置・保健指導・診療補助などの歯科医療業務を行う国に認められた専門職です。よく似た職種に歯科助手(歯科アシスタント)がありますが、こちらは受付事務や診療のための雑務を担当する仕事で、歯科衛生士のように国に認められた資格はありません。

歯科衛生士の就職先の見つけ方

歯科衛生士を志す人はどのようにして就職先を見つけるのでしょうか。歯科衛生士の就職活動についてまとめたいと思います。新卒の歯科衛生士の求人を出すかどうかはそれぞれの歯科医院によって決まります。注意点はすでに人員が確保できている医院では募集されないことです。しかし、新卒の歯科衛生士を採用したい医院は9月から10月に募集をかけますので、歯科衛生士専用の求人サイトに登録し、気になる医院を探し応募します。年明けには国家試験がありますので、そこ日程から逆算して勉強時間が確保できるような就職活動を行うことが重要と言えるでしょう。

歯科衛生士の転職と働く環境

歯科衛生士を志望する人はどのような基準で医院を選ぶのがよいのでしょうか。一般的には診療時間や休み、院長をはじめ職場での人間関係、自身のスキルアップが挙げられています。この中で一般的な求人情報から知ることが出来るのは診療時間と休みだけじゃないでしょうか。職場の雰囲気や人間関係は働き始めて実感することが多いですが、従業員の入れ替わりも少ないため変化は難しいと思われます。また自身のスキルに関して働いていく上で新しい価値観が生まれることもあるでしょう。そのため、歯科衛生士にとって転職は珍しいことでなく、よりよい環境を求める風潮があります。歯科衛生士を志す人はその点を念頭におくことで、一層やりがいを持って働けるのではないでしょうか。

歯科衛生士の転職は、需要が高いこともあり人材紹介という形でも転職することが可能になっています。条件なども融通が効きやすい場合が多いです。