滞在する期間が短い場合、一般的な賃貸住宅を契約するよりもマンスリーマンションを契約する方がコストを抑えれるというメリットがあります。

敷金・礼金や保険料といった入居前に必要になる費用がないマンスリーマンションが多くあり、初期費用を大幅に削減出来ます。また、不動産会社に支払う仲介手数料も家賃の半額と高額ではなく、1万円から3万円と安くなっています。

また、一般的な賃貸住宅と同じ賃料のマンスリーマンションでも水道・電気といった光熱費が家賃に含まれている事も珍しくなく、お得感がある物件を見付ける事も可能です。

生活に必要な家具・家電が揃っている!

マンスリーマンションは、生活に必要となる家具・家電が入居時に全て揃っているという点でも単身赴任者から高い人気があります。

すぐに生活出来る環境が揃っているので、衣料等の少ない荷物で入居出来る手軽さは大きなメリットだと思います。また、家具・家電はそのままにして退去出来る引越しの楽さも利用者が増えている理由の1つです。

まだまだある!マンスリーマンションのメリット

一般的な賃貸住宅を契約する際に必須になる保証人がマンスリーマンションでは不要なので、毎回家族や上司に保証人になってもらうお願いをする手間を省けます。

それ以外にも、契約する期間によって様々なプランが用意されていて長期間滞在する場合に周辺の賃貸住宅と同じような広さの物件でもリーズナブルな価格で契約が出来たり、即入居が可能な物件に絞って検索出来たりと様々なメリットがマンスリーマンションにはあります。

マンスリーマンションとは、家具家電といった日常生活に必要な道具があらかじめ備え付けられている賃貸物件です。引っ越しの準備があまり必要ないので、仕事などで短期間利用したい人が主な利用者となっています。