医師のワークスタイルに関しましては大別すると常勤医及び非常勤医があります。非常勤医につきましては、フルタイムという形で、常勤医の状態で日々の業務を行うのではなく、契約時間だけ業務につくことを意味します。 結婚をして、家事、あるいは子供の世話などでフルタイム勤務が実現不可能な医師であるとか、異なる医療施設でも業務につく医師など、多種多様な都合上医師アルバイトで就業しているケースがあります。どういった医療施設においても、医師が不足している状況が深刻化していますので、医師アルバイトとしてのワークスタイルで求人しているケースも少なくないです。 色々な事情がある方に医師アルバイトは向いています。

医師のバイトで高い収入をめざすことができます

医師バイトのサラリーはおおむね時給1万円になります。これがアベレージで、専門性のとても高い診療科目、あるいは大学教授のケースではなお一層高くなります。業務内容としては、日中の外来対応及び夜勤対応が存在します。 昼間の外来対応に関しては、訪問してきた病を患っている方の初診を行ったり、自分自身の専門分野の患者に対処し、午前もしくは終日就業することになります。夜間の当直につきましては、常勤医師が足りなくなる夜に、病棟に於いての病を患っている方の急変に応じる役割になり、なにもなければ当直室において就寝することができます。これらに関しては1日勤めることによって5万円ぐらいになりますので、1週間に5日すれば年収額が2000万円になります。

入院患者がいる病院では365日、24時間の医療を提供するため、自分の病院の医師の人数だけではシフトが回りません。当直や土日祝日には医師を非常勤で募集し、スポットで対応することが日常です。