歯科衛生士とは歯科医師のサポートという形で、歯石や歯垢の除去や歯磨きの指導などを行う口腔ケアのスペシャリストです。資格がなくても働くことができる歯科助手とは違い、歯科衛生士として働くためには国家資格が必要です。歯科助手の場合は歯科医師がスムーズに仕事ができるように準備や掃除などの作業を行うことが主な仕事なのに対し、歯科衛生士は口腔内に直接触れて行う処置ができるという違いがあります。

歯科衛生士のメリット

歯科衛生士というのは、比較的求人が多い仕事のひとつです。更に、結婚や出産でブランクができた場合でも、復帰しやすいというメリットがあります。パートやシフト制という働き方を採用する歯科医院も多いため、仕事と子育てを両立させたいという人にも最適な仕事です。

歯科衛生士はどこで働くの?

歯科衛生士の代表的な就職先といえば、歯科医院です。同じ歯科医院でも、個人経営か法人かによって福利厚生の有無などが変わってきます。長く安心して働くために福利厚生がしっかりとした職場を選びたいという場合は、病院を考えることも有効です。歯科医院や病院以外にも、介護施設で働くという選択肢もあります。介護の現場で見直されているのが、口腔ケアの大切さです。いつまでも元気な状態でいるためには、自分の歯で食事をすることが大切と、歯の磨き方指導などの口腔ケアを取り入れる介護施設は少なくありません。そのため、介護施設でも多くの歯科衛生士が求められています。働く場所の選択肢が多いことも、歯科衛生士の魅力のひとつです。

医者の補助をする看護師と同じように、歯医者についても歯科衛生士の補助が必要になります。よって歯科衛生士の求人は、歯から人の健康をサポートできる人材を確保することを目的としています。