一口にドライバーの仕事といっても色々な仕事があります。
郵便局のように手紙やハガキ、小包を運ぶ仕事や宅配便のように色々な荷物を運ぶ仕事、飲食関係の配達をする仕事やお客さんを乗せて運ぶ仕事など、様々な仕事があります。

ドライバーの仕事には何が必要?

ドライバーの仕事をするためには運転免許が必要です。配達するものによって色々ありますが、主な免許の種類としては普通自動車免許(1種、2種)、大型免許、原付免許、中型二輪などがあります。長距離トラックなどで大きな荷物を運ぶには大型免許が必要になることが多いですが、その他の仕事であれば普通自動車免許があればかなり色々な仕事をすることができます。

ドライバーで働く時間はどれくらいになるの?

ドライバーで実際に働く時間はどれくらいあるのか?職種にもよりますが、正社員で荷物を運ぶ仕事であれば1日7時間~8時間程度が基本となりますが、長距離トラックのドライバーであれば休憩しながら10時間以上働いたりといったことも多く見受けられます。ただし、長時間運転が続くとどうしても集中力が散漫になったりしますので事故をしないように適切な休憩が必要です。タクシードライバーなど人を運ぶ仕事の場合は待ち時間はあるものの休憩をはさみながら丸1日勤務して翌日休みのような変則的な勤務もあります。

ドライバーの仕事で気をつけることは?

ドライバーの仕事でハンドルを握る以上は、社会的な責任を負って仕事をしていることになります。事故を起こしてしまうと自分の命だけではなく、他人の命を奪ってしまう危険性もあるので、便利なだけではなく、そういう責任を背負って仕事をするといった心がけを持って仕事を行う必要がありますので交通ルールをきちんと守るなど自分に厳しく、綿密な管理をして仕事につくようにしましょう。

待遇、時間、福利厚生等重要視する箇所は人それぞれ。理想に合ったドライバーの求人を探す場合は、ドライバー専門の求人情報サイトも確認しましょう。中には一般では非公開の求人も存在しています。